遊びがいのある地球に生まれたね~マンガ好き京都司書/右下Webライター なちこの自分表現ブログ~

図書館司書の仕事、マンガ(日本のマンガ文化について)、 スピリチュアル、恋愛、選択的夫婦別姓、 オルタナティブライフ、パーマカルチャー、 ひきこもりのきょうだい(機能不全家族とAC)、 旅、創作(小説、短歌)など

【イケダハヤト/今井紀明/佐野章二】BIG ISSUE JAPAN 15周年イベントに行って、生イケハヤと会ってきたよ!【ブロックチェーン未来話】その2

スポンサーリンク

 

こんにちは!
マンガ好き京都司書/右下Webライターの徳田なちこです。

f:id:Nachico:20180502142616j:plain

撮影:徳田なちこ

 

一昨日4月30日に参加した
ビッグイシュー創刊15周年イベント 第1弾in大阪
「小さき者が力を得る時代へ
 ~仮想通貨技術の台頭で変わる社会貢献のこれから~」
 @大阪・なんばのLOFT PLUS ONE WEST

 

この記事(その2)では、イベントで話された内容について書いていきます!

 

生イケハヤに興奮のその1はこちら。


まずは、登壇者のご紹介。

f:id:Nachico:20180502142914j:plain撮影:徳田なちこ

佐野章二さんは、「ビッグイシュー日本」の代表です。
御歳なんと76歳・・・!!
(佐野さんは年齢を言うつもりなかったみたいですが、今井さんの質問によって暴かれてましたねw)

私は佐野さんについては詳しくないので、
こちらの イケハヤによる佐野さんの紹介記事を
どーぞ。(*´ω`)つ

びっくりしたんですが、
佐野さんはネットをほとんど使わないんだそうです(メールのみ)。
「ネットに関してはイケダさんが私の師匠です」っておっしゃってましたw

それでいて、ブロックチェーンの本質(重要性と可能性)を理解してるんだから、
イケハヤいわく「これはもう奇跡的なことですよ!」。
ほんまやねぇ~!

 

f:id:Nachico:20180502143037j:plain撮影:徳田なちこ

今井紀明さんは、「認定NPO法人 D×P」の理事長(D×Pは、ディーピーって読みます)。
定時制高校・通信制高校で学ぶ高校生たちの支援事業をいろいろしているそうです。

D×PのWebサイトはこちら↓

認定NPO法人D×P(ディーピー):通信・定時制高校の高校生支援

 

今井さんは、2004年にイラク武装勢力に人質として拘束され、
帰国後にすごいバッシングを受けたことで有名な人かもしれませんね。
(※これ、ここに書くかちょっと迷ったけど、ご本人がプロフィールに書かれている時もあるので書いてます)

 

私としては、個人的には、
一緒に「右下ウェブマガジン ここここ」を運営している武田緑ちゃんや、
ピースボート仲間の恩田夏絵(ブイちゃん)と室井舞花が、
去年一緒にイベントに登壇していたことがある人という意味で、
今井さんに親近感を感じていました(^^)
このイベントね↓

なので、イケハヤほどではないにせよw
生の今井さんが見られる(直に波動感じられるw)のも、
けっこう楽しみだったんです、実は(゜▽゜*)

 

支援金集め&生徒達を励ますためにサハラマラソンに挑戦して完走してたり

さらに次はアタカマ砂漠ラソンに挑戦しようとしたりしてるのも、熱い!w

 

 

f:id:Nachico:20180502143357j:plain撮影:徳田なちこ

イケダハヤトさんは、プロのブロガーです。
月間130万PVクラスのブログ「まだ仮想通貨持ってないの?」を見てもらえたら、大体どんな人なのかは感じられるかと思います。


主にアフィリエイト、それから投資で稼いでるみたいですが(年商1億円に達したそうですね)、プロボノ(専門知識を活かして社会課題の解決に貢献するボランティア活動)にも熱心で、NPOの支援なんかもやってるみたいです。

 

ちなみに、イケハヤは「ビッグイシュー・オンライン」の共同編集長なのですが、
ビッグイシュー日本との関わりもやはり、プロボノ活動からだったとのこと。

 

頭の中が未来に行っちゃってる人なので、一般常識とかけ離れている発言多し。

本当に自由人なので、アンチもたくさんいて、あることないこと書かれまくりですが、
その1にも書いたとおり、私はすごく好きで、注目してる人です。

 


さて、では、お三方が壇上で話していた内容を簡単にシェアしようかと思うのですが、
はっきり言って、昨日も貼ったこの2つの記事を読んでもらえたら、
3人が伝えたかったことは8割方伝わるんじゃないかな~と思いますね。

↓めっちゃ内容濃いですよ~。

 

要は、「ブロックチェーン」という新しい技術が出現して、
これから世の中が大きく変わっていくであろう、
ブロックチェーン」を使うことによって、
どんな風に世の中が変わっていきそうなのか、
特に、零細NPOなど、社会課題に向き合っている小さな組織が、
ブロックチェーン」技術によって、より活躍できるようになっていくのではないか?
…といったような趣旨でした。

 

 ブロックチェーンの大きな特徴3つは、こんな感じ。

・非中央集権(P2P)――個人がつながり合う
・不正が働きにくい――全員が管理でき、改竄不可
・規制が困難――グローバルに分散化されたしくみ

これを見ただけでも、確かに“近未来感”あります! 

  

ブロックチェーン」は、「インターネット」と同じレベルで社会を変えうる技術であり、大きな概念なんだそうです。あらゆるものにつながっているから。

今や「インターネット」は私たちの生活になくてはならないものになっているわけですが、それが世の中に登場したばかりの時には、ごく一部の専門的な人たちしかその存在や仕組みを知らなかったし、たとえばE-mailが普及し始めたばかりの頃に、SNSなんて誰も想像できてなかったですよね?

同じように、「ブロックチェーン」という技術を、どんな風に使ったらどんなことが起きるのか、まだ誰にもわからない。

ブロックチェーン」は、あくまでもベースで(インフラって感じかな?)、その上に何を載せていくのかが重要。

そこがまず面白い!!!とのことでした。

上に載せてるもので、今の時点で一番わかりやすいのが、仮想通貨(暗号通貨)ってことですよね。

 

特に面白いと思ったのが「トラストレス(trustless)」という概念!
これは、「相手をわざわざ信頼する必要がない」という意味。

ブロックチェーンの根本的な思想で、イケハヤも、「ここがおもしろいなー」と思ったポイントだったそうです。

現在の社会における様々な活動、特に経済活動は、人や企業を信頼することが大前提になってます。例えば、銀行を信頼しているからこそ、自分の大事な資産を預けることができるわけですよね。
でも、相手を信頼するにはコストがかかったり(契約を結ぶとか)、その上でもさらに不正を働く余地があったりします。

それが、構造上なくなるのが、「トラストレス」!

つまり、相手そのものを信頼しなくても、技術が不正の可能性を排除してくれて、安心して価値を送ることができるというわけ。


事例に関しては、さっきの参考記事にたくさん載ってるので、そっちをチェックしてみてください。

当日聞いたので一番印象的だったのは、一旦ブロックチェーンに載せた情報は改竄することができないというのを活かして、「デジタルパスポート」のようなものを作って、難民支援でブロックチェーンが活用されている事例でしたねー。しかもWALLET付きにして、その難民の本人に暗号通貨で支援金が直接送れちゃったりするらしい・・・!

すごー。

 

今回は、BIG ISSUEのイベントということで、やっぱり、寄付金や支援金を集めるのにブロックチェーン技術がどんどん活用されていくんじゃないかって話がけっこう出ましたね。

私はNPO関係者でもないし、自分が何かのプロジェクトのためにクラウドファウンディングを企画した経験もないので、このあたりに関してはホゲ~っとしか聞いてませんでしたが。←

 

イケハヤによると、2020年くらいには、小さなコミュニティが融資を集められるサービスが出てくるんじゃないか、とのことだったので、これまでは資金調達の方法が限られていたNPOも、もっとお金を集めやすくなって、活動も活発になって、社会への影響力も大きくなっていくのではないかとのことでした!

 

融資の民主化についてのイケハヤブログ記事

 

あとは、見えないもの(今まで価値だと思われていなかったもの)が価値化されるって話もけっこうしてましたね。

fever」っていうサービスは、いわばコミュニティを「上場」させることができるそうで、「コミュニティの価値をどうやってお金に換えていくか」が、これからの時代、重要になっていくようです。

 

佐野さんの
「根源的に言えば、一人ひとりが存在していることが、価値なんだよね」
って言葉が、なんか染みましたねぇ。

 

イケハヤも、今自分が住んでる高地の山奥の集落で、「国みたいなもの」を作ろうと思えばもうできちゃうんですよね、と言っていて。

 

私はまだ自分の言葉で語れるほど理解できてはないんですけど、

「マイクロなコミュニティに属していることが価値になる」

「その中でお金・権利などの価値を回す」

「経済圏をデザインする」

みたいなところがポイントになっていくと思われます。

 

なんだそれ! 楽しみすぎる!

 

 今井さんの言ってた話で印象的だったのは、

D×Pで支援している高校生たちの中には、「就職しない生き方」を考え始める人も多いということ。

時代の動きを読めている若い人たちは、やっぱりそういう傾向になっていくんだなぁと、ちょっと思いましたね。

 

イケハヤも、いわゆる「億り人」には、10代20代の若者も多いって言ってたし。

行き場に困ってる億り人のお金、けっこうあるらしいですよw

そういうお金が、どんどんNPOなんかを通して社会に分配されていくといいですねぇ。

 

ブロックチェーンは、まだほとんど実用化されていないと言える段階なので、

つまり「これ」って言える実物がないので、

いまいちよくわからないのは、当たり前、だそうです。

インターネットがない時代に、インターネットを想像するのは、無理ですよねー。

でも、だからこそ面白い!!

どんな使い方が出てくるのか、

予想もつかないものが出てくる可能性がある。

想像力が試される。

今、世界中でたくさんの人が「これをどう使おうか?」と考えているところ!

「5年後くらいに『なるほど、こうなったかー』みたいな」感じで、答え合わせ(?)するのも楽しそう。

ここから5年、ウォッチしていきたいですね(^o^)q

 

 

さてさて、イベント終了後に、出口でゲストと名刺交換してもいいタイムがあったので

(さすがLOFT PLUS ONE…!)、

名刺交換するつもりは全然なかったけど(イケハヤは名刺持ってないらしいし)、

せっかくだから「ここここ」のカードだけ渡しちゃおっかな!?

んで、あわよくば記念に一緒に写真撮ってもらっちゃおー!キャー!(笑)って感じで、列に並んで、イケハヤに声をかけました!!

(言っとくけど、私がこんなにミーハーになるなんてかなり珍しいことですよ!笑)

 

なちこ 「楽しかったです~!一緒に写真撮ってもらってもいいですか?」

イケハヤ「もちろんです。マスコットみたいなもんですからねぇ(笑)」

なちこ 「w わーい♪」

☆パシャ☆

 

あえて貼りませんけどw、

パートナーが私とイケハヤのツーショット写真を撮ってくれて、

ここここ」のカードも手渡せて(あえて何も説明せずw)、

大満足でその場を去りました。。。(♡▽♡)

イケダハヤトさん、まじでありがとうございました!

 

 

「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!次、わた~し!♪」やで!(≧▽≦)

 

おわり。

 

↓20180503追記

イケハヤがVoicyの仮想通貨ラジオで、

このイベントのことを話しているのを発見したので、

リンク貼っておきますね!

voicy.jp