遊びがいのある地球に生まれたね~マンガ好き京都司書/右下Webライター なちこの自分表現ブログ~

図書館司書の仕事、マンガ(日本のマンガ文化について)、 スピリチュアル、恋愛、選択的夫婦別姓、 オルタナティブライフ、パーマカルチャー、 ひきこもりのきょうだい(機能不全家族とAC)、 旅、創作(小説、短歌)など

「あとはやるだけ」にたどりつくまで

スポンサーリンク

少しずつ手を動かしていけば、必ず完成にたどりつく

経験としてわかってはいても

書き始めた段階ではそうは思えない

書き始めたけど 完成にたどりつかなかったものもたくさんあるし

物理的作業と違って

心が嫌がったらもう何もかも進まないこともよくある

やりさえすればいつか終わるってことが

とてもじゃないけど信じられない

そんなつらいつらい時間を過ごして

書かなきゃ書かなきゃって思いながら

一文字も書けない時間をもんもんと過ごして

ほんの少し浮かび上がってくる

「今なら ちょっとだけなら やってもいいかも」をそっとつかまえて

30分だけ書いてみて

また一日二日何もできずに

また30分だけ

そんな繰り返し

だけど、どこかのタイミングで、

「あ、あとは、手を動かしていけばなんとかなりそうだ」と思える地点がやってくる

そこがやってくれば

気分がだいぶ違う

だから、そこにたどり着くかどうかが

違いだし 決め手だし 一番好きで 一番大事なところ

フッと力が抜ける

そこから先も手は動かさないといけないけど

あぁ、なんとかなりそうだ、って

思えるところ

「あとはやるだけ」