遊びがいのある地球に生まれたね~マンガ好き京都司書/右下Webライター なちこの自分表現ブログ~

図書館司書の仕事、マンガ(日本のマンガ文化について)、 スピリチュアル、恋愛、選択的夫婦別姓、 オルタナティブライフ、パーマカルチャー、 ひきこもりのきょうだい(機能不全家族とAC)、 旅、創作(小説、短歌)など

午前3時のひとりごと?

スポンサーリンク

午前3時に目が覚めた。

変な夢見た気がする。

なぜか長崎にいた夢…(でも架空の長崎)。

 

なんとなく胃のあたりが重い。

消化不良かな…。

夢の中でもパン食べてたしな…。

 

寝ぼけ頭で、外は雨が降っていることに気づく。

道理であたたかい。

冬の間ずっと使ってきた、羽毛布団と毛布を重ねた掛け布団から手足が出ていても寒くない幸せをしばしかみしめる。

春だ。

 

もう起きて、活動し始めてもいいのかもしれない。

うまく二度寝ができないから。

 

起きて、動き出しても、寒くないんだ。

そう思ったら、すごい安心感が湧いてきた。

あ…この感覚は知ってる。

冬の間には一度も感じてなかったから忘れてたけど、

寒くない時期の早朝にはいつも感じる自由な気持ち。

「わーこんなに早くに目が覚めた。今から何をしよっかなぁ!」って、わくわくする、あの感じ。

 

目が冴えてきた。