遊びがいのある地球に生まれたね~マンガ好き京都司書/右下Webライター なちこの自分表現ブログ~

図書館司書の仕事、マンガ(日本のマンガ文化について)、 スピリチュアル、恋愛、選択的夫婦別姓、 オルタナティブライフ、パーマカルチャー、 ひきこもりのきょうだい(機能不全家族とAC)、 旅、創作(小説、短歌)など

恋人できたシリーズその⑩ ひとりの時間を楽しむ(ひとり宇宙も楽しむ♡)前編

スポンサーリンク

シリーズ目次はこちら

 

f:id:Nachico:20180211110621j:plain

恋人がいなかった時期に大切にしていたのは、
「ひとりの時間を楽しむこと」!

(まぁ、いつでも楽しめていたってわけではないけど、無理せずに、できるだけ)

「恋人がいないことをコンプレックスに感じたり卑屈になるよりも、ひとりでいることを楽しんでいる人の方が、周りから見ても魅力的に見える」的な意味合いで「ひとりの時間を楽しもう」ってのは、よく言われてたり書かれてたりするけど、私がここに書いておきたい意味合いは、ちょっと違う。

 

私がどうして「ひとりの時間を楽しもう」って思えるようになったかというと、
これまた心屋ぢんさんの考え方を参考にしたんだけど、

「悩みたい人」は、どんな状況でも悩むのよ

ってことなのね。

 

ぢんさんは、

恋人できないって悩んでいる人は 
結婚できたとしても
「結婚したのに寂しい。こんなはずじゃなかった」とか
「子どもができない」とかで悩むし
子どもができたらできたで
「産まなきゃよかった」とか
「子どものことが心配でつらい」とかで悩むし
むしろ、結婚してからの悩みの方がずっと深い

 ・・・みたいなことを言っててねー!

 

どっひゃーーー!! なんかわかる! それ!

わかってしまう!!(汗)

 

この記事とか↓

 

つまり、

「悩みたい人」は、どんな状況でも「悩みたい」し、

「傷付きたい人」は、周りがどんなに気を遣っても「傷付きたい」し、

「嫉妬したい人」は、何を見ても「嫉妬したい」し、

「理解されたくない人」は、何をしても「理解されたくない」んです。

全部、本人はそんなつもりはないんだろうけど、心の奥を探っていくと、って意味よ 。

 

んじゃあ、逆に考えれば、

「幸せな人」は、どんな状況でも「幸せ」ってことだよね。

私が、「ひとりでいる今は幸せじゃない」なら、もしかしたら、恋人ができたとしても、幸せじゃないのかもしれない。

・・・そりゃまずい!!Σ( ̄ロ ̄lll) 

そう思って、まずは「ひとりでいる今が幸せだと思える自分になろう」って思えるようになったんでした。

 

そう思えるようになった頃に書いてた日記を引用します。

書き留めておきたいプチパッカーンは、これ。

ずっと、ひとりでいることってさみしいことだと思ってた。

けど、ひとりでいる方が気楽だし、好きだった。

パートナーがほしいと思いながらも、

いたらいたで何かを心配したり、考えることが増えたり、

きっとめんどくささも増えるような気がしてた。

だから、今の、ひとりの気楽さを失いたくないとも思ってた。

誰かと一緒に暮らすなんて怖い・・・めんどい・・・って。

でもやっぱりひとりはさみしくて、

なんで自分には恋人できないんだろう、

恋人って、みんなどうやってなってるんだろう、

何をしたら、好きな人とパートナー同士になれるんだろう、

そういう感じで悶々として、

恋人のいない自分はなんか人として足りてないような、

価値が低いような(ないわけじゃないけど)、

そんな気がしてて、周りからもそう思われてるに違いないって、

なんとなくだけどずっと思ってた。

でも、ふと、『宇宙飛行士への手紙』の歌詞的な考えが頭の中にやってきて(注:BUMP OF CHICKENの歌です)、

「パートナーができて、一緒に暮らして、(もしかして子どももできたりして、)すごく幸せな未来が待ってるとして、そこの『今』を生きてる私にしてみたら、独身でひとりで気楽で自由で大好きな部屋で何をしてもいい、何もしなくてもいい、そんな生活は『もう二度と取り戻せない』特別で大切な暮らしだろうな…」って思ったんだ。

もちろん、結婚したって、子ども産んだって、

ひとりになって過ごしたい時があったら、

ひとりになって過ごすことだってできる。けど、

残りの生涯を「かけがえのない大切な人」と

つながって生きているという部分は、

どんなにひとりの時間を確保したって変わらない事実で、

それはもちろん自分で変わらない(変えられない)ことを

望んで選んだのだからそれでかまわないんだけど、

でも少しやっぱり「誰ともつながってなかった、あの時のひとりの私」を

懐かしく思う時はあるだろう。

それを、十分に満喫しないで終えてたら、後悔が残るだろう。

結婚する前は、結婚後に憧れて、

結婚後は、結婚前に憧れる?

そんなの!! もったいなさすぎる。(たまにだったらいいけどw)

きっと未来の私は、今の私を思ってにっこり笑う。

「そのひとりきりの自由とさみしさを、味わいまくってね」

そー考えたら、やっぱり今の自分は100%、いや、120%、200%、700%(・・・!!)幸せなのです。

 

あ、あとね、パートナーができたからって、面倒や心配や考えなきゃいけないことが増えるかもってのは思い込みだからねー(*'▽')

 

うん、

ひとりだからこそ味わえる自由、

できる遊び、

感じるさみしさ、

それを味わい切ったら、パートナーは現れるのかもしれない。

 

あ!

ちなみに、パートナーできたけど、

面倒や心配や考えなきゃいけないことは、全然増えてない!

むしろ減った!

もしも、パートナーができて、何かを心配したり、考えることが増えたり、めんどくささも増えたと思うなら、それってきっと何か解決すべき問題が潜むパートナーシップなんじゃないかな~。

 

長くなっちゃったので、「ひとり宇宙も楽しむ♡」については、後編で!