遊びがいのある地球に生まれたね~マンガ好き京都司書/右下Webライター なちこの自分表現ブログ~

図書館司書の仕事、マンガ(日本のマンガ文化について)、 スピリチュアル、恋愛、選択的夫婦別姓、 オルタナティブライフ、パーマカルチャー、 ひきこもりのきょうだい(機能不全家族とAC)、 旅、創作(小説、短歌)など

【はるちゃんブログより】子育ては大変、という宗教。

スポンサーリンク

やばーい!
目から鱗がぼろぼろ落ちるわ。

 子育ては大変、という宗教。|子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

 

「子ども産んで育てるの、楽しみだなー…」って思ってる自分が、どこか嘘くさく感じてた。
100%嘘ってわけじゃないけど、無理矢理思い込もうとしてるような感覚あった。

そりゃそーだわ!
「子育ては、大変なもの」ってのが自分の中の前提なら、大変なものをただ楽しむってのには無理がある(もちろん、大変な“だけ”じゃないのもわかるし、大変ながらに工夫のしがいがあるのも想像つくけどね)。

はるちゃんがしてること・書いてることはかなり極端な話だけど、エッセンスをすくいとって自分の人生に活かすことはできる。

「子育ては、大変じゃない」っていう前提で、子育てする人生を、私は選ぶこともできるんだ。

自分の周りにいる100人が100人とも「子育ては大変に決まってる!」と言うとしても、
それは、その人たちにとっての前提であって、私はその人ではなく、私なのだ。